ご家庭に高齢者がいらっしゃる場合や身体の不自由なご家族がいる場合、家庭用昇降機を自宅に付けられる事が多いはずです。これはどのような物かというと例えば一階から二階へ移動する際に椅子状の機器に乗って移動する事が出来たり車いすを使っている方がそのまま車いすごと上の階と下の階を行き来できるレール設置タイプ、また可搬式と言われる介助者が運ぶタイプなどがあります。 ただしレールを設置するタイプの場合、取り付ける際には壁への工事を行う必要があったり、使用される方が自分で昇降操作が出来る方かできない方かで設置パターンや選ぶ種類も変わってきますし、乗降場所のスペース確保の仕方も変わってきます。そこでそういった様々なパターンを例にご利用の際のコツとちょっとした設置の裏技を何点か挙げていきます。

家庭用昇降機(レール取り付け型)を使用する設置パターン

設置する際に大事な事はどういった体の状態の方が使用するのかという事です。例えば体の右側が麻痺している方ですと壁の右側に設置すると乗り降りがしにくく大変危険ですし、昇降用の操作ボタンの場所も右では難しいので左に設置したり、レバー式に変えるなどの工夫が必要です。また下半身に麻痺がある方や思うように体を動かせない高齢者などが使用される場合で介助者が必要な場合は介助者がサポートできるスペースをあらかじめ考えた上で設置場所を決めたり、回転式の椅子がついたタイプを選ぶなどの必要もあります。どちらにしましても福祉用具を取り扱う店舗や介護施設などで一度試してみてからケアマネージャーさん、専門職の方(福祉用具専門相談員や福祉住環境コーディネーターなど)と話し合い設置されると良いでしょう。

家庭用昇降機を設置する際の裏技

家庭用昇降機は屋内タイプ、屋外タイプ(玄関アプローチまでの移動など)、設置する階段の種類などにもよりますがだいたい50万円から100万円前後の物が多くなっています。しかも介護保険の住宅改修の適応外という事で、丸々実費で設置されているご家庭も多いようですが、実は各自治体によっては設置の際に助成金が出る場合があります。(介護等級、助成金の上限などは各自治体により異なります)また数年前に可搬式タイプは福祉用具貸与の品目に追加され、要介護2~5の方はかなりお安くレンタル出来るようになりました。ちなみにレールを設置するタイプの物はエレベーターと同じ扱いになるため建築基準法によって設置出来ないご家庭も中にはあるのですが、可搬式は介助者の訓練以外特に法規制や申請が必要ないのと持ち運びが可能なため気軽に利用できます。