家庭用昇降機は、本格的なホームエレベーターは別とした場合、階段昇降機と段差解消機の2つが挙げられます。この2つにもそれぞれタイプの違ういくつかの製品がありますが、前者は階段を歩いて昇り降り出来ない人を助ける機械、後者は玄関などの段差を車いすに乗ったまま通過できるようにする機械です。階段昇降機も段差解消機もホームエレベーターを設置するよりは費用を抑えられますが、家庭用として導入する製品としては、やはり高額です。特に階段を行き来できるようにする階段昇降の機械は専用レールの設置など、取り付け工事の費用もかかります。導入を考え始めた段階で、主要な製品の幾つかの特徴と大体の価格帯を知って、予算の見当をつけておきます。そのうえで欲しいタイプを絞り込んで、自宅に設置できる製品かどうかを精査していきます。

設置できる階段かどうか事前の確認が重要

家庭用の2種類のうち、階段昇降機にはガイドレールに沿って動くいすに座って昇り降りするタイプと、車いすごと機械のテーブル部分等に乗って上下するタイプがあります。大規模な改修をせず、自宅の階段に後付けで設置できるのが魅力です。後付けする機械とは言っても建築設備になりますので、建築物としての確認申請をしなくてはなりません。建物の構造そのものに問題はないかといった点のほかに、階段に取り付ける機械ならではの、特に注意する点があります。それは階段の幅です。いずれのタイプにしても、階段の幅によって設置できるかどうかが決まります。機械を設置することで階段が極端に狭くなってしまうと、万が一の地震や火事の時に避難できなくなってしまいますので、必要な有効幅が求められます。

タイプ別や設置場所で変わる価格の幅

階段の移動に比べて、玄関などの段差を昇降する段差解消機の設置はそれほど大ごとではありませんが、やはり充分な設置スペースがあるかどうかや、車いすで安全に乗り降りできる場所かどうかの確認と、製品そのものの見極めが大事となります。価格帯としては、階段用のいす型で50万円から70万円ほど、車いすごと昇降できるタイプは100万円から120万円ほどとなっています。曲線の階段ではもう少し費用がかかります。高額ではありますが、ホームエレベーターはこの約20倍の費用が必要とのことで、階段設置方式が選ばれやすくなっています。段差解消機では、もっとも安価なタイプで20万円前後、平均的な製品が40万円前後、高額なものでは工事費別で200万円ほどになるものもあります。購入するにしてもレンタルで導入するにしても、費用の補助があるかどうかなど、業者との交渉に入る前に、ケアマネージャー等に確認することが大事です。